HOME

What's New(新着情報)

自動車保険の事故対応~相手方が無茶な主張をしてきたら

自動車保険をかけてても、事故はなるべく起こしたくないものです。とはいえ、どんなに自分から起こさないように注意していても、事故を”貰う”ことは避けられませんし事故の相手も選べません。

中には、自分から当たって来ておきながら、お前が当ててきた等と主張する人もいます。身に覚えのない不当な言いがかりには断固として立ち向かいたい所ですが、さて、こんな時保険会社の事故処理担当はどうするんでしょうか。

まずは、事故の概況を自動車保険契約者から聞き取りを行います。その後、警察への届けを確認し、相手方の保険会社の事故処理担当と話し合いを持ち、そこで過失割合が決定します。

どちらの保険会社も、自分の所の自動車保険契約者の主張に沿って動きます。なので、相手が前述のようにあり得ない事を主張している場合でも、相手の保険会社は、相手の主張の通りに動くという訳です。なので、言っている事が真っ向から対立する事になります。

これをこのままにしておくと、ずっと平行線のままで時間だけが無駄に過ぎていく訳ですが、では、どうするのか…。

こういう場合、事故の当事者である双方の自動車保険契約者の了承の上で、中立の第三者機関に事故の調査と分析を依頼し、その調査結果を踏まえて結論が出されます。依頼される第三者機関は、警察の記録や事故現場の確認、当事者双方の聞き取りを行います。

ここでゴネても長引くだけで、結論が出ている以上、全くメリットがないので、これで後は通常の流れに則って進んでいくという訳です。

最近は、なかなか難しい状況もあるようなので、自動車保険の特約に、弁護士費用をカバーするようなものがあれば、検討しても良いかもしれませんね。

HOME